« セントポーリアの園 | トップページ | 桂川~阪急京都線 桂川橋梁より~ »

2014.08.28

古いピアノ YAMAHA U1

Yamahau101_2 このピアノが家に来たのは昭和30年代中頃、私が小学校1年か2年のときだった。

それ以前には灰色で4本足の電気オルガンがあって、YAMAHAのロゴが付いていた。蓋を閉めると机みたいになって、カーテンのような模様の房付きの織物を掛けていた。ピアノが来た日、電気オルガンは入れ替わりに運び出されていった。あのオルガンはどうなったのだろう。

Yamahau102 城陽市から京都市内に引っ越して、高校に入るまで近所の先生にピアノを習った。

ずっと実家にあったピアノを、2013年春ついに東大阪の自宅に持ち帰ることになった。搬入後、数年ぶりに調律をしてもらって、とてもきれいな響きになった。いつの間にか艶がなくなっていたが、水拭きしているうちにまたピカピカになってきた。
ペダルは2本、色は黒ではなくて光沢ウォールナット仕上げ(カラーピアノ)だ。木目が透けて見えてきれいだ。YAMAHAのロゴマークの位置は本体の右上と鍵盤の左端で、新しい機種とはちがっている。

Yamahau103_2

Yamahau104
YAMAHA U1を運び込むまで、東大阪の自宅にはCASIOの電子ピアノを置いていた。7~8年くらい前に3万4千円で買ったものだ。安いのは店頭展示品だからで、サスティーンペダル(5千円)を後から買い足した。
前よりましに弾けるようになったのは、まさにこの電子ピアノのおかげだ。音は悪いが、ボリュームを下げて練習できるし、ストリングスなど複数の音色が出せるし、本当にいい買い物をしたと思う。
電子ピアノは、入れ替わりに事務所に持って行った。仕事が済んで、家に帰る前に少し練習できるので便利だ。
母親はよく間違いながらピアノを弾いていたが、ピアノの音が好きで、私が実家で練習するととても喜んだ。最近、この古いピアノがとてもいい音だと思うようになった。
音を楽しめるようになったのかも知れない。

|

« セントポーリアの園 | トップページ | 桂川~阪急京都線 桂川橋梁より~ »

「アンティーク」カテゴリの記事

「昭和レトロ」カテゴリの記事

「楽器」カテゴリの記事

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96212/60220464

この記事へのトラックバック一覧です: 古いピアノ YAMAHA U1:

« セントポーリアの園 | トップページ | 桂川~阪急京都線 桂川橋梁より~ »