« ヒイラギモクセイ酒 | トップページ | 初代スズキアルト(79年型)定期点検 »

2013.12.01

給湯器からお湯が出なくなった原因

11月の急に寒くなったある日、給湯器からお湯が出なくなった。
前日の深夜に息子がシャワーを浴びたとき、すでにぬるま湯だったという。
水量はこれまで通りだが、43度にしてもかすかに暖かい程度で、75度にすると少し暖かくなる。夜になってもやっぱりお湯が出ないどころか、すぐに冷たい水になってしまう。

前の給湯器が15年で壊れて、今の給湯器にしてから10年たっている。
取扱説明書を見たり、ネットで検索したり、家中で大騒ぎしたが直らない。
夜の11時を回ったので、あきらめて近所のお風呂屋さんに行ったら休みだった。震えながら家に帰って、少しずつぬるま湯を出しながら何とかシャワーを浴びたが、髪は洗えない。それでも、何とかさっぱりして眠ることができた。

翌日、何か原因はないかと落ち着いて考えてみた。
いつもと違うことといえば、お湯を使って洗濯したことだ。2月に全自動洗濯機を実家からもらってきて、その頃は2槽式のクセが残っていて洗濯が終わると水栓を閉めていた。
試しに、洗濯機の混合水栓のお湯側を閉めてみると、見事熱いお湯が出るではないか!! 訳はわからないが、とにかく一応解決ということで、お湯の出るありがたさをかみしめた。

それでも原因が分からなければ気味が悪いし、またいつお湯が出なくなるかも知れない。それでネットでいろいろ調べていると、ヒントが見つかった。
水道から給湯側への水の流入だ。
つまり、洗濯機の開いた混合水栓から、冷たい水が流れ込んでいたと考えられる。
確かに給湯側の水圧が低ければあり得ることだ。そして、湯量が一定以下になると給湯器は消火してしまうから、すぐに冷たい水になってしまうのだ。
その後、洗濯機の混合水栓はきちんと閉めるようにして、何事もなくお湯が出ている。

Photo それにしても、水とは恐ろしいものだ。
琵琶湖から水道の蛇口まで、ずっと水はつながっている。
そして、外からは見えない少しの水圧の差で、想像もしなかった動きをするのだ。
蛇口から出てくるお湯が、ますますありがたいものに思える。

|

« ヒイラギモクセイ酒 | トップページ | 初代スズキアルト(79年型)定期点検 »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96212/58680563

この記事へのトラックバック一覧です: 給湯器からお湯が出なくなった原因:

« ヒイラギモクセイ酒 | トップページ | 初代スズキアルト(79年型)定期点検 »